SAKAI NO OWARI

男は毎朝心を清めるために必ず巡業する聖地があった。

男にとってはエルサレム同然だろう。

全国に約6万店舗あり、もはや日本人の生活の一部として全国民は必ず一日に一回はお世話になっているのではないだろうか?

お菓子、パン、ジュース、たばこ、お酒、生活用品、本、なんなら、チケット、郵便局、amazon、料金の支払い、、、、なんでもできる店。[便利]なんて自分で言っているお店。

そう、コンビニエンスストアだ。

90年代からこいつらがグングン現れたおかげで日本人の生活レベルはあがり、生活時間帯も深夜帯へと推移していき、生活リズムに24時間という帯が現れだした。

 

最近では数年前に比べてサービス力の向上もはかられ、他のサービス業を圧倒するくらいのコンビニ店舗さえ見られるくらいだ。

元気系居酒屋で見られるような、おすすめ商品をお客様が頼まれた時に言うような掛け声、例えば「からあげくん、いただきました~」「ありがとうございま~す」なんて言い出したときは、とうとう来たなと男は恐怖したものだ。

 

飲食店にいるときは昼も夜も店でマカナイを食べていたが、生活リズムが変わり現在は朝の7時には起きて仕事をしている男にとってもはコンビニのお世話になることが非常に多い。

 

朝食、途中の食事などはコンビニのお世話になることが多い(最近は昼を食べないが)

 

おかげでこの一年くらいでコンビニスペシャリストに男はなってしまった。

しかも、食べるもの、時間帯、などによって行くコンビニを変える徹底ぶりだ。

 

例えば、おにぎりやサンドイッチ、パンを食べるときはセブンイレブン

コーヒー、アイスティー、スウィーツやパンケーキを買うときはローソン。

チケットや航空券を買うときはファミリーマート

など用途によって変えている。細かく言うとどの地域にあるコンビニに行くかも決まっている。

どこかをここに書くと男の一日の足取りがわかってしまうのでやめておこう。

時間で選ぶのはその時間帯に入っているスタッフに会いたいからだ。

会話を楽しみたいなら朝8時からの時間帯だ。

7時までに行くと深夜帯の最後の1時間のスタッフなので顔が死んでいる。

8時からは朝出勤帯のおばんちゃんのテンションが高く、話しかけると面白い話ができる。

例えば、今朝も男はおばちゃんと朝の5分を楽しんだ。

 

「兄ちゃん!またそんな格好してるんかいな!!寒ないんかいな。」

おばちゃんはいつも僕のスポーツタイツを見てそう言う。

「それ、パッチちゃうんかいな」

ちゃうちゃう!!!!これはスポーツ用品やから運動機能性を考えてるから寒暖考えての衣類ちゃうよ!結構高いし。これは1万円くらいしたよ!

「1万円?それなんとか2000円にして~や!!おばちゃんはコンビニ勤めやから無理やわ~!!!兄ちゃんがあと一個パン買ってくれないとおばちゃん暮されへんわ~」

みたいなどうにもならん面白い話を毎日朝から楽しめるオプションつきなのだ。

 

が、しかし、男が毎朝悩まされる境い目はそこではない。

 

おにぎり    だ。

 

毎朝、おにぎりという境目で悩んでいる。

毎朝行くセブンイレブンに毎朝何種類のおにぎりが並ぶか知っているだろうか?

セブンイレブンで約30種類である。

ローソンも同じくらいだ。

セブンイレブンのいいところはおにぎりに価値の強弱をつけているところだ。

 

味付き海苔と無味味海苔の差別化

いくらや鮭のハラスなど高級食材を使ったおにぎりの差別化。

正統派おにぎりとおかず系おにぎりとの差別化

基本、毎朝おにぎりは二個。ゆえに組み合わせは無限大だ。

 

おかず系おにぎりはカロリーが高すぎるから却下。でも男は勇気を振り絞って週に一回は自分を甘やかして買うことにしている。

 

この日も男はおにぎりコーナーで学んでいた。

牛しぐれか、鮭か、梅か、オカカか、、、、

と、悩みつつも、、、、、、男が毎朝手に取るのは結局、

 

「味付き海苔エビマヨ」と「鮭」だ。

 

毎朝、5分も悩みながら結局ここに収まる。しかし、男にとってこの5分が大事なのだ。

 

10分後に口にふくむいろいろな味のおにぎりと自分とのコミュニケーションを描きながらも結局本命を選ぶ、それが男なのだ。

 

浮気はしない!!!!!!

 

本命と浮気相手の境目?ないです!

本命メインなので。男は人生においても浮気はしたことがない。認識してる限りでは、、、、、、だ。

 

マヨ子、、、おはよう。

娘の鮭美、、パパにチューして~

そして、男は嫁と娘とのかすかな時間を楽しみつつも朝のコーヒーを楽しむためにローソンへハシゴするのだ。

男はローソンでコーヒーを買って、嫁と娘と三人で黒い朝風呂に入って楽しむのだった。

 

それでも毎朝、浮気したい気持ちにさいなまれながらも愛する妻と娘と愛をはぐくむのだ。

妄想の中だけの浮気なら嫁のマヨ子は許してくれるだろう。

 

男は明日も10分の家族ゲームをするのだろう。

 

コンビニ、それは最後のフロンティア。

そこには人々がコンビニエンス(便利)に喜びを得ることができる場所なんだと男は毎朝感じつつも最高の朝を楽しむのだった。

f:id:MONCHI:20170209002043j:plain